名古屋で顧問先250社超の社会保険労務士法人。
就業規則のご相談から給与計算まで幅広く対応

優秀な従業員を採用・育成・定着できる環境にしたい

採用・育成・定着ができる環境を整備し、
「ヒト」に困らない経営を実現しましょう

採用・育成・定着についてこのようなお悩みはございませんか?

・求人を出しても、応募が来ない
・採用をしても社員が定着しないので、常に採用活動をしている
・育成したくても予算がなくて投資ができない

採用・育成・定着に悩む企業の2つの特徴

従業員が定着するための最低限の衛生要因を満たせていない

穴の開いたバケツにはいつまでたっても水はたまりません。これと同じように定着しない会社で、採用を続けていても、負の循環が続くだけで、根本的な解決には繋がらないことが多いです。人手不足ですぐにでも採用したいという状況かもしれませんが、一度立ち止まり、「なぜ定着しないか」を考え、「定着するための改善」に注力されることを推奨いたします。
アメリカの臨床心理学者である、フレデリック・ハーズバーグの提唱の「二要因理論」に基づくと、仕事の満足に関わる要因は、「動機付け要因」、仕事の不満足に関わる要因は「衛生要因」と定義されています。定着しない企業は、動機付け要因もですが、衛生要因がそもそも満たされていないケースが多いです。具体的には、「会社の方針や職場環境」、「給与」、「対人関係」等の人事労務の問題があります。

自社のリソースのみで実施しようとし、国の制度を活用し切れていない

日本の多くの企業が「採用・育成・定着」が慢性的に困っているのが現状です。そのため国はそれらの課題を解決するための助成金を用意しておりますが、活用し切れていない企業が多くおります。従業員のためを思ってやりたいことはあっても、「予算がなくて投資ができない」という経営者の声をよく頂戴します。厚生労働省管轄の助成金は、補助金と異なり採択制ではないので、要件を満たせば受給できます。さくら社会保険労務士法人は、会社の経営課題を解決するための助成金活用を推奨いたします。逆に、助成金のお金目的で助成金を活用するケースは大体失敗するので推奨しておりません。

さくら社会保険労務士法人のサポート特徴

労務監査による衛生要因の現状を可視化

仕事の不満足に関わる衛生要因を満たせているかどうかは、人事労務の整備状況を可視化することで明らかになります。さくら社会保険労務士法人では、労働法に精通した人事労務のプロである社会保険労務士が200問の設問および40種類の書類を監査し、貴社の法令順守状況を可視化します。労務監査実施後は、社会保険労務士の解説と共にレポートを納品いたします。

採用・育成・定着を目的とした助成金申請サポート

さくら社会保険労務士法人では、数ある助成金の中から活用しやすいものを厳選し、申請のサポートをいたします。

助成金の一例
・キャリアアップ助成金(正社員化コース)
・65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)
・働き方改革推進支援助成金

採用・育成・定着に関して当法人に寄せられたご相談・解決事例

>>人材採用についてご相談いただいた事例

予約 予約

052-602-9671

受付:平日9:00~17:00

アクセス

PAGETOP