株式会社財務ファクトリーの設立について

さくら社会保険労務士法人のグループ会社として、

株式会社財務ファクトリーを立ち上げました。

経理業務に手を煩わせられることがない環境をご提供し、

開業・法人設立当初に「営業・集客」に専念していただけるようバックアップさせて頂きます。

安心信頼の経理代行サービス 経理のアウトソーシングで経費を大幅削減

経理業務は会社全体を数値化することで無駄や無理を修正し健全で強い会社づくりに必要不可ですが、

法令知識の壁に阻まれ、利益性のない業務と捉えられてしまいがちになり置き去りにされていますが、

それでは正しい経営計画を立てることはできません。

ユーザー様が基幹業務に専念したくとも、経理業務に労力を取られてしまっては本末転倒です。

経理担当者を1名採用したくとも、人件費等の問題が発生します。

そんな悩みを解決し、開業・法人設立当初に「営業・集客」に専念していただけるように

我々がバックアップさせていだきます。

経理代行プラン 

お客様にはインターネットバンキングの登録とスマートホンでの領収書の写真撮影を行っていただくプランです。売上・仕入・経費の入力をクラウド会計化して試算表作成まですべて代行いたします。

丸投げプラン

らくらくプランから売上請求書の発行、仕入代金の振込手続代行を除いたプランです。現金・クレジットカード支払による経費の整理を行います。レシートやカードの引き落とし明細をクラウド化し、必要な整理を代行します。経理・総務業務のクラウド化を推奨し、試算表を作成いたします。

らくらくプラン

経理はすべてアウトソーシングしたいお客様のためのプランです。データの入力はもちろん、経理に関することをお客様に代わって代行します。取引先を登録し、毎月発行する請求書の管理(または発行)・支払請求書の管理(または振込)を代行いたします。現金・クレジットカード支払による経費の整理を行います。レシートやカードの引き落とし明細をお預かりし、必要な整理を代行します。売上・仕入・経費の入力をすべて代行いたします。通帳コピーなど毎月ご用意頂く資料をもとに、試算表を作成いたします。

当社が取り扱っているクラウドツール

1

2

実績トップクラスのクラウド会計であるMFクラウド会計·確定申告を利用することで、銀行口座やクレジットカードの明細データ自動取得、仕訳の自動入力が可能となり、これまで大変だった会計業務がラクになります。

3

明細データの自動取得、仕訳の自動入力で、これまで時間がかかっていた会計業務がラクになります。確定申告書B、青色申告決算書など、確定申告の必要書類が自動作成できます。e-Taxにも対応の個人事業主向けの確定申告ソフトです。

4

ワードやエクセルで作成していた請求書の作成をMFクラウド請求書に変えることで、誰でも、どこにいてもスピーディーかつ簡単に請求書を作成·管理することができるようになり、請求業務の効率を劇的に改善できます。

5

給与計算の際に、従業員ごとの進捗管理ができたり、健康保険料率や厚生年金保険料率、所得税率がすべて自動で更新されるなど、ミスやチェック漏れを減らす機能が充実している簡単かつ高機能な給与計算ソフトです。

6

レシート内容の自動読み取りをはじめ、手入力の手間を徹底して省きます。スマートフォンのアプリを使えば、移動時などのちょっとしたスキマ時間に経費の申請、承認ができます。仕訳データを自動登録、申請チェック機能など経理がラクになる機能を備えています。

7

クラウド会計ソフトシェアNo.1※

はじめての方でも、忙しくて手間をかけたくない方でも、freeeなら簡単に経理・決算が行えます。クラウドなので、ソフトの更新の必要がなく、常に最新のサービスがご利用いただけます。
クラウドならではの自動連携で、圧倒的に経理作業を効率化できます。
※MM総研が2017年9月26日に公表したデータ

当社が取り扱っているRPAツール

8

RPA(Robotic Process Automation)というと大規模なものに思えるかもしれません。中小企業の経営者・幹部の方からは、『そもそもどこからシステム化に手をつけていいのかわからない』とのお話をよくいただきます。 当社が提案するRPAは 1.プログラミングの知識が無くても使える! 2.すべてのソフト、ブラウザアプリが使える! 3.月単位で導入できて変動費として使える! RPA導入の目的は「ロボットを使うこと」ではなく、「生産性を向上させること」。自社において、本当に生産性を上げるためにはどの業務から自動化の対象としていけば良いのか。
「プログラマーや技術者に頼らないと設定できないRPA」では自社の生産性向上は実現できません。オフィス業務の生産性向上は、誰かに依頼をして実現してもらうものではなくその業務に携わる本人たちが実現しそれを改善し続けなければいけないのです。 私たちは、そもそもの非効率化の原因になっているポイントを割り出すため、業務フローの見直しをお客様と一緒に行い、システム化で大幅に効率化できるポイントを見つけます。 お仕着せのシステムではなく、実際の業務にあったご提案をさせていただきます。

問合せメールアドレス:r-ide@sakura21.jp

無料相談をおこなっております 0120-682-082