割増賃金について

割増賃金とは

一般的に残業代と呼ばれているもののうち、労働基準法で定められている、法定時間外労働等をさせた場合に労働者に支払わなくてはならない賃金のことです。
※あくまでも法律上の制限を超えた時間に対するものを指します。

時間外労働 :通常の賃金の25%以上割増で支払う
休日労働  :通常の賃金の35%以上割増で支払う
深夜労働  :通常の賃金の25%以上割増で支払う

と法律で定められています。

従って、時間外労働+休日労働(午後10時~午前5時)というケースにおよんだ場合には、それぞれ5割増以上、6割増以上の賃金を支払わなければなりませんので、その様な時間帯に労働が発生する場合にはご注意ください。

時間外労働(25%)+深夜労働(25%) =50%以上
休日労働  (35%)+深夜労働(25%)=60%以上
  
ちなみに、休日労働が8時間を超えたとしても、その部分は時間外労働にはなりませんので
30%以上の割り増しでOKです。(休日労働自体が既に時間外労働ですので。)
 
休日労働(35%)+時間外労働(25%)=60% にはならないということです。

無料相談をおこなっております 0120-682-082