サービス残業とは

「サービス残業は本人の能力の低さに他ならない!俺なら時間内で仕事を終わることができる!」、
「俺が若い頃は自分の修行のために文句一つ言わずにがむしゃらに仕事をした!」

サービス残業と聞くと上記のように強く憤慨される社長もいらっしゃると思います。
仰る通りだと思います。
でも、法律、社員の意識、社会環境など、今はもう昔とは何もかもが変わってしまったのです。

ルールが変わってしまったのです。その変わってしまったルールによって、そのルールを知らないばかりに、社長が今度は損をするケースが出てきているのです。

つまり、「サービス残業」で社員から訴えられ、多額の賠償金を支払う事例が増えてきているのです。

サービス残業とは

労働基準法で定められた法定労働時間[1日につき8時間、1週につき40時間]を超えて働いた場合や
法定休日に働いた場合に、その時間に応じた残業代(割増賃金)を労働者に支払われないケースのことです。

労働基準法32条に、以下のような条文があります。
『原則、法定労働時間を超えて働かせてはならないし、法定休日に働かせてはならない。』

ただし、次の三つの場合は残業を認めることになっています。
(1)災害などの非常事由による臨時の必要がある場合
(2)公務のために臨時に必要のある場合
(3)労使協定による場合(36協定のことです。) 

 

無料相談をおこなっております 0120-682-082