36協定について

36協定とは

労使協定のひとつで、サブロク協定と読みます。労働基準法第36条にあたることからこのような名称で呼ばれています。

労働基準法の基本的なルールとして以下の2つがあります。

①休憩時間を除き一週間について週40時間を超えて、労働させてはならない
②一週間の各日については、休憩時間を除き一日について8時間を超えて、労働させてはならない

しかし実際には、このルールの通りにはいかないのが現状です。
そこでルールを超えて働かせることの出来る例外的な措置が作られています。
そのうちの一つが36協定なのです。

36協定を届出ることにより法定労働時間及び変形労働時間制による労働時間を
延長することが可能になり、法定休日に労働をさせることも可能になります。

36協定の効力について

36協定(サブロク協定)にはどのような効力があるのかと言うと、会社側は、サブロク協定を定めることにより、労働基準法(第32条・第40条)に書かれている「労働時間の制限」や「休日の定め」にかかわらず、サブロク協定の範囲内ならば、法律の制限を越えて労働をさせても労働基準法には違反しないという効力を持っています。

ただし、違反しないという効力だけですので、労働者に時間外労働などをさせるには、別途労働契約や就業規則の定めなどが必要です。

また、効力の及ぶ範囲についてですが、協定の中に対象となる労働者に制限がある場合には、
その協定の効力の及ばない労働者には時間外労働や休日労働を命じることは出来ません。

また、労働者もその命令を拒否出来ます。

無料相談をおこなっております 0120-682-082